1801年にイギリスに併合されたアイルランドでは1829年のカトリック教徒解放法によって宗教的差別がのぞかれました。一方、工業化の進展にともなって労働条件が劣悪化したので、1833年には工場法が制定されて年少者の労働時間が制限・短縮されました。また労働者は労働組合を結成して自らの権利をまもり、労働条件の改善を要求しました。さらに、男性普通選挙などを求めて人民憲章をかかげ、1830年代から40年代にかけてチャーティスト運動を展開しました。産業革命による生産の向上は労働者の貧困などの問題を引きおこしました。これに対して、生産手段などを社会の共有することによって平等な理想社会が実現できると主張する、社会主義の思想があらわれました。イギリスのロバート=オーウェン、フランスのサン=シモンやフーリエらが代表的な思想家で、彼らはこのような理想社会を人間の理性や善意によって実現できると考えました。19世紀半ばになるとドイツ生まれのマルクスが資本主義を分析して社会主義社会の到来は歴史の必然であるとしました。そして、友人エンゲルスとともに1848年に「共産党宣言」を発表してその思想を簡潔に表明し、労働者の国際的連帯を説きました。エンゲルスの彼女もLCインナーボールの口コミを見てびっくり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です