田中正造は栃木県の豪農出身で県会議員をつとめ、1880年前後には国会開設運動にも加わり、1890年の第1回総選挙で衆議院議員に当選し、立憲改進党に属しました。同年、渡良瀬川の洪水によりその流域の農漁業に被害が出ましたが、その原因は上流にある足尾銅山が渡良瀬川にたれ流す鉱業廃液であることは確実でした。こうして足尾鉱山の鉱毒問題が表面化すると、翌年の帝国議会で田中正造は政府にその対策をせまり、また地元民らが農商務大臣あてに鉱毒除去と銅山の操業停止などを求める請願書を提出しました。その後、内村鑑三・木下尚江・島田三郎ら、知識人・言論人の間にも被害民を支持して鉱毒問題の解決を求める声が高まり、新聞も大々的にこれをとりあげるようになりました。政府もようやく鉱毒調査委員会の調査により、銅山に鉱毒排除を命令しましたが効果はあがらず、1900年には陳情のため上京しようとした被害民と警官隊が衝突して、多数の検挙者を出しました。議会での請願や質問に効果がないのを見た田中正造は翌年、議員を辞任し明治天皇に直訴をくわだてましたが成功しませんでした。その後、政府は渡良瀬川の洪水調節のため流域の谷中村に遊水池の建設を計画し、住民を立ち退かせようとしたので田中正造は谷中村民とともに反対運動を進めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です